スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究者の英語術を読んだ感想 その1

研究者の英語術を読みました。

まずは、アブストラクトの書き方までと、プレゼンテーションの作り方について読みました。

当たり前のようで、できていない、非常に大事なアドバイスをいただきました。
いま、来週末のプレゼンの準備を行いながら、よく自分に言い聞かせています。
何度も何度も島岡さんがおっしゃることを頭にたたきこんで、自分のスキルアップ、改善を目指します。
おそらく、自分で実践すればするほど、アドバイスの意味、重要さをより深く認識していくと思います。
そんなメッセージが刻み込まれている本だと思います。
英語に限らず日本語での論文、プレゼン準備にも多く役立ちます。

著者のブログページは↓です。
ハーバード大学医学部留学・独立日記
最近のブログで‘英語術’の方の、目次や概要が丁寧に紹介されています。

以下に、自分にとって響いたこと、感想などを書きとめました。自分に言い聞かせるようにした言葉も加わっています。

アブストラクト;
 やる価値のあることは、まず失敗してみる価値がある。
 まずは悪い文章を書く
 良い文章は、無から生まれるのではなく、悪い文章から生まれる
 何度も校正をする。
 完璧主義者になっていては筆が進まない!!
 何回も書き直すことで、さいてきかされる。
 そのうちに、集中力と創造性が発揮され、納得いく表現ができるようになる。

 とにかく第1稿を仕上げる
 無駄、不足あっても後に訂正する。気にせずかき上げる
 気にせず!!  誤変換、誤字、脱字、、 !!

 絶対的な正解を求めない
 とりあえず納得できる暫定的な「納得会」
 とりあえず現時点での考えを書く!!
 10回以上、最初は50回もセルフエディってぃんぐ
 すぐれたアブストラクトを‘簡単に書く’秘訣はない。
 しかし秘訣は存在する。


プレゼン;

 人前で話をするときは誰でも緊張する
 パブリックスピーキングの恐怖は、死の恐怖をも凌ぐ
  →十分な下準備をするという王道しかない
   ショートカットは無い、ひたすら十分に下準備と予行演習を行う

大統領だってトランスクリプト読む
 すぐれたプレゼンはトランスクリプトを書くことから。
 セルフエディッティングを繰り返す


準備しすぎるという問題には、
 (一旦準備を始めるといくら準備しても安心できないという脅迫観念にとらわれる)
 あまり早くから準備を始めない
 最初からトータルでかける時間を決めておく



私の気付き(来週末のプレゼン準備に応用して)


私は、アブスト、プレゼン作成いずれにしても、いつも最初から
良く書きたい、間違えないように、もっといい言葉はないか?
個の言葉が最適か?
とかんがえ、なかなか進まないことが多くありました。

しかし、良いアブストも無からは生まれない!まずは悪い第一稿を書くことから!
そして、何度も校正する!

これは私に非常に良く響きました。

実際に、読んだ直後から実践できました。
なんでも現時点の考えで書くことによって整理できずにいたことがまとまってきたり、
新たなアイデアを思いついたりすることを実感しています。
集中力や創造性も、いろいろ自分の中にあるものを吐き出してみてから
威力を発揮するということも、認識できました。

非常にいい発見でした。 

セルフエディティングしなきゃ自分のスキルアップにならない。
セルフエディティングすると、今の自分の考え、方法、習慣に気付き、
芯から、自分を改善できることもわかりました。

継続的に実施して、また学んだこと、気付いたことをアップします。



ご訪問ありがとうございます。最後まで読んでいただきありがとうございました。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!
スポンサーサイト

今日気付いた自分のマイナス思考20100331

駅、電車内で
 改札とおる前に時刻表見忘れた、何をボーっとしてたんだ。
 この階段、息切れないかな。
 左右の足の使い方バランス悪くないかな。
 こんな揺れでよたついてるとカッコ悪くないかな。
 ここらのつり広告、みんな営利目的、人を惑わせる広告が多いなぁ。。

メール中
 ボタンの押し間違え多すぎないかな。
 自分はボタンの位置覚えられないんじゃないかな?
 はぁ、不安ばかりで余裕ないのが右脳を麻痺させていて、左半身の
 運動機能を弱くしてるんじゃないかな。 

プレゼン資料作成中
 今消しちゃうとまたあとで必要になったとき、面倒ではないかな?
 書いとかないと忘れちゃう。↑のこと
 ジュース飲み始めたら止まらない。。
 こんな本勉強しているの見られたら、嫌だな。
  馬鹿にされるかな。
  あれ読んでてもこんなもんかって。
 前書いた図また使ってもいいかな。手抜きだと言われないかな。

帰宅時部屋から出たところでボスにあって
 ん、今帰るの見られた。なんか一言言いたそうではなかったかな。
 ちょっと早いから、おかしいと思われるかな。
 怠けてると思われるかな。

・・
どれもマイナス思考、自分で自分を苦しめている。
必要ない考えです。他にいくらでもとらえ方のできるものだ。

マイナスに偏った考えを
とりはらお~!!


 

食後のだるさ、いろんな障害はストレス性?

今日血液検査を受けてきました。
最近特に昼食後に糖尿か貧血かと思うような症状があったため、自分の判断で診察してもらうことにしました。

しかし、その検査の結果は、まったく問題なし。

そこの総合内科の先生には、精神内科を勧められました。
私は以前から、社会性不安障害、というようなものを少し患っていると自覚していたので、
次回はそちらで相談して、様子をみていくことにしました。

簡単にいえば、ストレスに弱い、物事を考えすぎ、細かい、完璧主義的などのことが、
患っていると思います。

しかし、考えなければよい、というのは私には解決にはならないのです。
先天的に、何でも考えるのが好きなようなので。
よって、その考え方を自分にとってプラスにする習慣を身につける必要があると考えています。

5年ほど前に一度、社会性不安障害の可能性を指摘されてから、自分としては、うまくやってきていたつもりでしたが
やはり、まだ、不要な思考の習慣がこびりついているようです。

糖尿や貧血でなかったことがまずはよかったです。
またさらに、一つ自分の弱点を発見(再認識)しました。

いい方向へ変えていきたいと思います。


糖尿でも貧血でもありませんでした

今日血液検査を受けました。

空腹時血糖値は正常範囲、肝機能などの臓器の働きを示す値も正常範囲、
貧血の指標になる赤血球などの値も正常範囲でした。

私の食後の体調不良の原因は、ストレス性との疑いがあるようで、
次回は精神内科で診察を受けることになりました。

フィットフォーライフで始めた菜食主義には問題はないと確信しました。
糖尿にもなっていなかったということで、気が楽になりました。^^

しかし、ストレスは、自分の考え方など習慣が自分で与えているものだと思うので、
それとうまく付き合う方法をみつけ、改良する必要があることを再認識しました。

簡単にいえば、いろいろ考えすぎ。
と片付けられてしまうところですが、
でも、われ思う故に我あり、
考えなくするというのは、非常に難しいです。

考えを変える、自分にストレスを与えないもっと違う自分にプラスの考えを
身につけたいと思います。

ちなみに、私の症状は以下のようなものでした。

昼食後
 頭、顔がぼわーんと暑くなる。
 手がかさついてくる。
 体がだるくなる。
 のどが渇く。
 階段を登るのがきつくなる。
 すぐに息切れするようになる。
 股間がかゆくなる。
 尿が良く出る。30分に一度ぐらいで、そのたびによく出る。
  ときによっては、4,5回。

ここ最近継続的な症状
 足がむくんでいる。
 足指先が冷える。
 朝、顔がむくんでいる。
スキーに行ったとき足の指先の感覚がなくなった。
  ひどいしもやけ?で、手で触っても、足のほうでは感覚がない。

ビタミンなどのサプリを飲んでいたのを止めたころから上記症状が出ました。
医師は、飲んでいたときによかったのだし、サプリを飲むのは問題ないとおっしゃいました。
私は、よくないかもしれないと勝手に思いしばらく定常的に飲んでいたのを
止めていました。
それがよくなかったのかもしれません。


写真に丸が。 その2

写真に丸が映ったもの(フラッシュあり)と

DSC01236_s.jpg

映ってないものです。
DSC01235_s.jpg

以下2つはフラッシュなしで○がありました。
DSC01253_s.jpg

よく見ると同じところあたりに少し丸が見えます。
DSC01252_s.jpg

ん~これはなんでしょう。。

竜馬のように

竜馬が脱藩して自分の世界に飛び出したように

自分も今の環境から飛び出して、自分のやりたい世界に飛び出そうか?
ここは自分の居間所なんかではない、自分の世界はほかにある!

という、不思議な力が湧いたりして、それに乗ってしまおうかと考えたりする。

かなり真剣に、

しかし、

自分に何ができるだろうか?

・・

竜馬には北辰一刀流の免許皆伝があったように。
自分にはまず自分がやるべきことがある。
竜馬の姉をはじめ、竜馬の家族全員が竜馬を理解し許したように、
自分にも家族が納得する道がある。まずそういう目的に集中すべきではないだろうか。

飛び出すのは、何かがおかしいと、自分のどこかで思っている。たぶん知っている。

今できることを着実にやる。
確実に小さなことを積み重ねて大きなことを目指し、成し遂げる。

一緒に竜馬伝を見ていた母が、
あの姉さんのようにね。あなたを信じるしかないね。と言ってくれた。
自分も、自分を信じるしかない。 と言った。
この先のことは、、

やるしかないっちゃ。






脳トレ 気が付いたら1年

脳トレを始めてから、気が付いたら1年経とうとしています。

最初は+-×の表裏ページに3分近くかかっていました。
ほんとに速くなるのか?
自分の脳はもう一度活性化するのか?

毎日始める時も、
今日は昨日より早くできるだろうか?
間違えないだろうか?

ちょっと間が開いたら、
錆ついてないだろうか?

そんな内に、その1の60に間を終え、
その2 +-×÷ に入り、それも3回目(60日×2+40日)の終盤に入ってきました。

最近は、1分10から20秒でできるようになってきています。
でも毎日、どこか不安を感じながらやっています。

でも、1年やったんだ。
悪くないですよね。

脳が若返ったか?
それはわかりませんが、
できないと思っていたことができるようになっている。
それは確かです。
それが、大切です。自信にしたいです。









なぜ、過去に縛られていたか

私が共感するブログを見つけました。
拍手です!

考えてみたら、簡単でした。過去のつらいことや、うまくいかない事で後ろ向きな考えに囚われるのは実は「楽なんです」自分を納得させようとして、自分なりの答えを出そうとしますが、答えの出ないことを自分は知ってるんです。で、不幸な状況では自分が主人公なんです。かわいそうに、なんて不幸なんだ…ってだから気持ちがいいんです。実は。だって気持ちの悪いことを進んでしないでしょう。じゃあ、後ろ向きの自分はダメなのかと...
なぜ、過去に縛られていたか




母が思い出せた。思い出すのを支援できた?

この花の名前わかりますか?

ベコニア20100327


母親との会話です。

母:これきれいに咲いたね~100円の元は何倍も取ったね~
  でも名前出てこない。。
  最近出てこないのよね。。

私:出てくるって。 
  ・
  ・

私:これ自分が小さいころから庭とかによくあったのと同じ?

母:八重のをポットで買ってきてプランターに植え替えて、よくペチュニアやベコニアは
  ベランダに並べてね~。


私:あれ、、これベコニアでしょ?

母:・・


あまりにも意外と早く言葉で出てきたのでびっくりしました。

やっぱり、思ったよりも出てくるものだなと思いました。
出ないって思うと、余計に出させる頭のリンクを細くしてしまうような気がします。
記憶はいろんな形で保存されているようなので、出し方を工夫してパスを太くすれば
出てくるようです。

それには、無理、とか、だめ、とかいう思い込みで自分からパスを細くせず、
何か自然とつながりを良くする状態、
心配ない、出てくるだろう、、っとかって思うだけでも
パスができたり太くなったりしてスムーズに出てくるようになる気がします。


自分は母よりもうれしかったかもしれません。
母は、どう思ったのかな。
これからも様子をみていこ^^



ご訪問ありがとうございます。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!

写真に丸が。これは何でしょう?

写真に丸が映ることがあります。

これは何でしょう?

フラッシュあり

下は、フラッシュなしでほぼ同時に撮影したものです。

フラッシュなし


この丸について、いろんなお写真を撮られている絵夢ロイさんのページが↓です。
ピンピンシニア 今日も行く 



ご訪問ありがとうございます。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!

研究者の英語術

この本‘研究者の英語術’にちょっと期待しています。



・・アブストラクトの書き方、プレゼンの準備の仕方を読みました。

こちら↓に私の感想を書きました。
研究者の英語術を読んだ感想

また、同じ島岡要さんによる‘研究者の仕事術’がいろいろ役に立っています。




著者のブログページは↓です。
ハーバード大学医学部留学・独立日記
最近のブログで‘英語術’の方の、目次や概要が丁寧に紹介されています。




質問できた

とある就職セミナーに参加してきました。

自分はここにいていいのか、ここで何が見つけられるか、
自分の基本的な質問はそのようなレベルでした。

当然、担当者の説明の後の挙手による質問の際には、何を、どう質問したらいいのか分からず、
自分にとって何か不安な時間が過ぎて行きました。

あるセッションが終わり、次のセッションに移る間にトイレに寄って出てきたところ、
自分の前に前のセッションの担当者がいらっしゃいました。

私は、ここだ!とおもい、時間をいただけるか、質問に答えていただけるか、
といったことから声をかけました。

快く受け入れていただきました。
そして、自分のレベルからの質問を始めました。
担当者も、最初はみんなそのレベルだとおっしゃいました。
そして、自分のレベルの質問をしたため、自分の頭の中でもやもやしていたものが
クリアになってきました。
次に何をすればよいか、アドバイスをいただき、自分もそれに納得ができました。

質問は、なにも人と同じレベルのことをする必要はない。
自分のレベル、自分の言葉で質問することが、自分にとって最も効果的である。
そして、充実感が得られる。
最初の不安は、自分の思い込みで、普通に考えれば考えが偏っていた。

有用な発見でした。



ご訪問ありがとうございます。最後まで読んでいただきありがとうございました。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!


一生折れない自信のつくり方 実践 信じるということ

‘一生折れない自信のつくり方’で学び、実践してみて、
自分が発見したこと、また、自信をつける自分の言葉の記録です。

これを毎日読みあげて、自分にしみつけようと挑戦しています。
読み上げる前と後では、自分の気持ちが変わります。

以下が私の言葉です。

相手を信じるということは素晴らしい
自分にないものが見えてくる
信じることによって多くの贈り物が受け取れる
自分に必要と思えば自分の身に付く

どんな問題も受け止める気持ち次第で自分にもたらす影響が大きく変わる。
好意的に、感謝の気持ちで受け止めれば、理解力が増し、着想、発見を促し
問題の解決を導く。前進する。進化が達成できる。

目的を確認する、願望をイメージする
早くやろうではなく、‘何をしよう’か具体的に考える
‘次のステップは何か’
‘全体の流れは何か’
‘手順は何か’
を考える

物事には心をこめて、愛を込めて、感謝する気持ちで前向きに取り組もう
するとよい答えが返ってくる。良い結果が出てくる。

目的を明確にして心をこめて感謝する気持ちで取り組めば、良い結果が導かれる。

今できないことは問題じゃない
変わることを恐れない
失敗を恐れない
より良いものを目指しているから、辛い、苦しい、困難にぶち当たる

自分の成長を信じる、良いものを取り入れ、良いものを与えることに集中する
最後まで目的を全うするために良い方法を考える

私は目標達成のために変わり続ける、さまざまな要求を受け入れる
そして応える
新しい情報に耳を傾ける

The sprit of service, a willingness to fine meaning somethin greater than myself.

目的、目標達成のための近道はない
1つ1つ大事なことを行い、答えを築きあげる
小さな1つ1つの達成の積み重ねで、大きな目標の達成ができる

私は、改善の人
私は、アイデアのデパート
私は、問題を分類する
私は、問題を解きほぐす
私は、問題の核心を突きとめる
私は、目的に忠実である
私は、理解力がある
私は、決断力がある
私は、集中力がある
私は、柔軟である
私は、計画的である
私は、落ち着いている
私は、冷静である。
私は、できる!


以上

ご訪問ありがとうございます。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!



一度手ににとってみることをお勧めします。

一生折れない自信のつくり方 心に響いたこと

一生折れない自信のつくり方を読んで、自分の心に響いたことを取り上げ、
自分の言葉を少し加え、毎日読みあげることにしました。

自分の考え方をプラスにしてくれて、
前向きにしてくれて、悪い流れを良いほうへ変えてくれます。
自分の、そしてみんなのバイブル的存在と思います。

以下が私の心に響いた内容です。

大きな課題に途方に暮れるときは、それを細かく分割してより小さな1つ1つの課題に集中しよう。
「必ずできる、絶対にうまくいく」

ありのままの自分を受け入れよう
人生はいつからでもやり直せる

高い自己イメージを持つ=自信を持つ
人生の目的や理想に集中し、
甘えや依存を断ち切ろう! 苦痛感情を乗り越えよう!

“本当にしたいこと”に正直に生きれば、目的や願望が明確になる

相手にどう思われるかではなく、自分が役に立つ人間になる
相手が信じてくれるかではなく、自分から相手を信じる

自己イメージは後天的に変えられる
人は生い立ちに関係なく、誰もが可能性を持っている
「できる」
「絶対にできる」
心から願い、思い、求めることを実行する!
  ・・これが成功への第1ステップ

苦痛感情を乗り越えれば自信がつく
気質は変えられなくとも、考え方と行動は変えられる!

☆他人と自分を比べない
 できる他人(過去の自分など)と比較して
 自分を卑下してはいけない、無意味、、自信を失う

 今の自分にフォーカスして確実に小さな成功を積み重ねる!

 勝つことよりも“強くなる”ことを考える

 苦しんだ分だけ観点が磨かれ、できないことができるようになる
 体験からのみ真の自身が形成される

  →だから挑戦しよう!
      苦しもう!
      やろう!
      参加しよう!

 There's nothing so satisfying to the sprit,
 so defining of our character, than giving our all to a difficult task.

 人生どれだけ自己嫌悪に陥ろうと、自責の念に悩まされようと、
 罪悪感を抱こうと、他人と比較して自分を卑下しようと、
 自分のことは自分から離れない。

 今の自分にフォーカスし、自分をマネジメントしよう!
 甘え、怠惰、また罪、過ちは自分に返ってくる

 自分の弱さも強さも全部含めて自分を大好きといえる人生を全うしよう

 自分の人生は誰のものでもない、自分自身のものである
 だから誰のせいにもしない
 全て自分が生み出した結果である

  >>>だからやるしかない

☆目的意識に集中してマイナスの思い込みを切り捨てよう

 目標達成を目指すときは、コントロールできることとできないことを区別する。
 そしてまずはできる(コントロールできる)ことから
 目の前の課題を1つ1つクリアしていく。

☆逆境の後には必ず成功のチャンスがある。

 逆境を乗り越えた経験により、次の逆境を成功のチャンスと思えるようになる
 ‘一生折れない自信’は多くの突破体験、成功体験の上に築かれる

☆当たり前とは片付けずに、どんなことにも感謝する気持ち・心が
 人生を必ず良い方向へ導く

 素直に生きれば圧倒的に成長する人になれる

 人からのアドバイス、自己暗示、良い情報を実行する。
 ‘やるべきこと’は今すぐやる!

  >>どんな問題も
    受け止める気持ち次第で自分にもたらす影響が大きく変わる。
    好意的に、感謝の気持ちで受け止めれば、理解力が増し、着想、発見を促し
    問題の解決を導く。前進する。進化が達成できる。

☆失敗、これは自分の思い描いた結果が得られないことであるが、
 全てが経験、そこから何かがつかみとれる

 誰もやったことがない特別なことをやろう
 何かうまい方法があるのではないか・・
 と手をこまねくだけで、なにも進められないのでは無意味

 誰でもできることを誰よりも熱心にやろう!
 自分自身を律し、できることに没頭した結果、大きな成功を手にする

   >>あいさつを徹底しよう。

☆人生の目的を頭に思い描く
 将来のビジョン、長、中、短期の目標、計画

 目標を確実に達成する“具体的方法”を考える
  ・どうしたらいい人間になれるかとは考えない・

 目標を達成するべき目的に生きる!
 目的とは、目標達成のための動機である。


 1日の計画をして、自信を高め、成功パターンを築く

 やりたいやりたくないではなく、目的や目標達成を意識して
 「やるべきこと」をやる

 ・・やり遂げた後には達成感、“自信”が生まれる


 今日やるべきこと:
  目的、目標達成のために選択する
  ①絶対にやるべきこと
  ②やるべきこと

 1日を振り返る
 ・・人生に失敗はない、全てが経験!

☆まずは1日の自信を追及する
 会社に対する自信
 仕事に対する自信
 製品に対する自信
 自分に対する自信

 具体的目標を立てる

 >>
   私は2011年3月までに博士号を取得する
   私は年収3千万円稼げる人になる
   私は多くの人に幸せを与える人になる

☆暗示の力で思い込みを変えよう!!

 「私はできる」
 「私には価値がある」
 「私は成功者だ」
  いいことがある
  ますますよくなる
  きっと良くなる
  必ず良くなる
 「自分は絶対に良くなる!」
 「絶対に良くなる!」
 「ぜったいによくなる!!」

 自分の持つ思い込みをマイナスからプラスへ換えよう!
 あきらめるな!
 あきらめるな!
 死ぬな!
 生きろ!
 おれには価値がある!
 自分の人生は自分で舵を取れ!
 
 「きっと良くなる! 必ず良くなる! 絶対出来る!」

☆大きな目標に対しては、いくつもの通過点を決める
 小さな目標の達成の積み重ねを意識する

 良い状態をキープするリズムを作ろう!

 >>
  机に座ったら・

   「自分はできる」
   「絶対にできる」
   「必ず良くなる」
   「前進している」
   「目標に近づいている」
   「目的を全うするんだ」
   「さあ、大事なことをやろう!」

☆人間の意志は弱いだから長く続かない、しかし願望は強い
 続ける努力ではなく、願望や夢にフォーカスしよう
 ありたい自分にフォーカスしよう

 目標達成のためにはプラスの動機付けを行う
 ・食べてしまった甘い菓子の数ではなく、
  食べるのをやめた数を数えよう

 ・これまでの成長リスト、達成リストを思い出そう

☆うまくいかないときは原則から外れている
 自分ひとりの世界に閉じ困らず人から学ぼう
 
 愛、希望、感謝、真心、思いやり
 勇気、向上心などの肯定的なエネルギーに満ちた情報を取り入れよう

 目的、目標に誠実であり続け、良い縁を引き付けよう
 理想の人物に出会ったら、その機会に感謝しよう
 相手の願望に入り続け応えよう


☆目的、目標を明確にし、人生の迷いを断ち切ろう  
 ①私は何を求めているのか
  私にとって一番大切なものは何か?
  私が本当に求めているのもな何か?

 ②そのために今何をしているのか?

 ③その行動は、私の求めているものを手に入れるために効果的か?

 ④もっとよい方法なないか?あれば実行する

 目的、目標が決まったらそれに対して毎朝計画し、
 毎晩、願望と行動の一致をチェックする

 目標は達成してしまうとなくなる、だから
 人生の目的が必要!

☆豊かになるための発想法
 ①ポジティブな気持ちで物事に取り組む
  負荷を与えなければ成長はない
  成長のないところに成功はない
  成功は成長の果実
  苦しいことも成長の機会ととらえ、前向きに取り組もう

 ②逆境を喜ぶ
  逆境の時にこそ成長する
  逆境で成長していく発想を持って、成功を手に入れよう

 ③Give and Given
  与えて、与えて、さらに与えて、自分のところに廻ってくる
   いつかは戻ってくる

 ⑦原則中心に生き、思い込みで行動しない
  自分の思い込みで原則から外れたことをしてもうまくいかない
  当たり前のことを当たり前に、誰よりも熱心に取り組もう

 ⑨考える時間を持つ
  考えずにひたすら努力すればよいというものではない
  考える時間が必要
  あえて立ち止まる時間を大切にしよう

 ⑩その人の背後にある付加価値を見出す
  どんな人でも自分に大きな価値を与えてくれる可能性を持っている
  
☆絶対に目標の奴隷にはならない
 ‘がんばっているけど何かがおかしい’は黄色信号

 人生の目的を見失ってはいけない

☆完璧主義、完全主義は愚かだ
 人は誰もがミスをする、失敗をする
 失敗は失敗ではなく‘経験’、‘キャリア’だ
 人間は不完全だからこそ不完全さを補い合う、助け合う、
 お互いにできることを精いっぱい努力する
  ・・この生き方が心を楽にする

 人には限界がある
 100点満点主義ではなく、重要な上位2割のことに集中し、80点を狙う!
 ・それでよし!
  ・残りは人に委譲

☆目標を達成したら自分をほめる!
 自分を自分でほめる
 自分で自分に期待する
 自分の良い面だけを考えて、心にプラスのイメージを描く

☆メンタルダウンした時は体を動かす
  気分転換を図る
 壁にぶつかったときはしたいことをする
 ルールや規律を守り自信につなげよう
 ※ルーズは自信低下につながる 

☆あきらめない人生に終わりはない
 自信形成には多くの失敗を伴う
 大きな砂山の形成には広い底辺が必要
 これは失敗の数である
 “失敗”した分だけ“経験”を積んだ分だけ
  大きな砂山がつくれる

 倒れても立ち上がる。また倒れても立ち上がる
 けしてあきらめない!
 あきらめない!
 立ち上がる!
      ・・周囲の人も信じて付いてきてくれるようになる

☆自信は信念へと昇華する
 信念とは、自分自身への確かな思いである

 
☆わたしはできる!
 私は必ずやる!
 私には成し遂げる力がある!
 
 そのためにも、今、自分ができることを確実に実行し、達成していこう!!


ご訪問ありがとうございます。最後まで読んでいただきありがとうございました。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!



一度手に取ってみることをお勧めします!

怠惰 か 必要な休息か ・・?

しばらく自分の仕事から離れていた。
久しぶりに仕事に手をつける。
そして、関係者に会う。

自分に異様な緊張感がある。
不安である。
自分はここ数日休んでいたが、これは怠けていると思われないか?
進捗を尋ねられて駄目だしされないか?
がっかりされないか?
期待を損ねられないか?
悪い評価されないか?

・・

いや、これは勝手な自分の想像だろう。一面しか見ていない偏りのある。。
 どこかで学んだことを忘れている。
 よく普通に言われていることを忘れている。
自分に必要なライフワークとしての休息だっただろう。

そもそも、自分を潰してしまう考えを自分で持つのは意味ないはずだ。
自分の気持ちは自分の考えが支配している。
そして、自分の気持ちを前向きにすれば前に進む。
そうだ、これだった。

現状のとらえ方が問題なだけだ、自分は、休んだ分、一層仕事をやりたくなっている。
皆に期待されることはいいことだ。
自分は、相手を信じよう。信じてもらえるかではなくて。
不安の原因は、自分の問題のとらえ方にあるだけ!
自分を自分で望まない方向へ導く考え方。

自分が前向きになれる、いい考えをしよう。
また、朝早起きできた!
休んだけど、また仕事に自分はちゃんと戻ってきた!

よしがんばろ~!


ご訪問ありがとうございます。最後まで読んでいただきありがとうございました。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!

スムーズな、きれいな、連続したカービングターンへ! その1

プロ並みにうまい(と思った)友人にカービングターンをするための動作を学びました。
自分なりに動作手順としてイメージを作りました。友人も納得してくれています。
いまは、これを体に覚えおませようとしえいます。


Step1.これからのターン内側の手で、遠く前方でストックを突く
Step2.今の(前の)ターンの外足の内側に入った膝を戻してエッジングを開放し、板を雪面に対してフラットにする。
Step3.ターン内側の板に内足で荷重して、ターン前半を作る
Step4.ターン外側の板に外足で荷重して、ターンを仕上げる


Step1.詳細
ストックは、手をよく伸ばして遠く前方で突く
突いたら手首だけを手前に掻いて、ひじや肩はそのままの位置を保つ。

ハッと息を吸う。

Step2.詳細
今(前)のターンの外側の脚の膝が内側に入っているのを返して、足の裏(板)が雪面に対しフラットになるようにする。
その時、体が雪面に対してニュートラルに、垂直に、両足がフリーのような状態になっていること。
体が楽な状態に戻っていること。
今(前)のターンで蹴りだしていた足を戻してきて、つまり、体が迎えに行って、膝がおなかの下に戻ってきている。
腰の下で、膝が内側に入ってなくて、普通に下にある感じ。
上体を、次のターンのために前方へ投げ出しているような感じ。
次のターン外側の脚が少しづつ前に出てくる。
次のターン外側の脚のももの内側がそのターン内側に向かい始めている。
へそも次のターン内側に向かい始めている。

ここでは、息をゆっくりはき始めている。


Step3.詳細
ターン内側の前方へ上体を移動し、内側の板の前よりの外側エッジに荷重する。
Step1で出した手がそのまま前に出されていること。
このステップでターンの前半が仕上がっている。


Step4.詳細
最後の仕上げ程度に外足に荷重して、次のターンの場所に合わせて方向付けする。
あまり長く引っ張らない。
内側に倒れすぎていると次のターンに移りにくい。

2.3の時に少しこの外足に荷重されていて、進行方向に対して並行に板を滑らせている。そして少しずつ前方へ動かしながら、スムーズに板に荷重する。
無理に回さない!


糖尿か貧血か? その2 やはり診察してもらおう。

内科で検査してもらうことにしました。

以下のページが気になりました。

発言小町 菜食主義ってどう?

菜食は、いいこと、問題、両方あるようなので、
自分に目的にあって、バランスのいいものを取り入れる必要があるようです。


ご訪問ありがとうございます。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!

小さな成功_001 -スキーでしみついた滑り方を忘れ始めた- 

カービングターンの練習をしています。

小学校に入る前からスキーをしてきて、スキーのターンは、
“ターンの外側の足への加重”、“板の角付け”
と教わってきたため、そればかりず~~っと意識してきて、
体はもう“無意識に”ターンの入りはターン外側の足への加重から入るようになっていて、
また、ターンからターンへの切り替えしも、とにかく次のターンの外側の足へ、外側の足へ!
と動作していました。

しかし、これでは、スムーズな途切れのないカービングターンはできないことを教わりました。
つなぎ目の動作が必要だと。

その教わった動作としては、
ターンが終わったら、まずは、エッジングを戻して、いったん荷重を抜くこと。
ターンの入りは、体をターン内側に倒して、最初内側の足に少し体重を乗せて
その足でピボットターンのようにターン前半のカーブを作る。
でした。

荷重を開始する足は自分の体に染みついているものとは“反対”なのです。
最初、そんなことができるのか?
そんなことをしてほんとによくなるのか?
と不安でした。
しかし、アドバイスしてくれた人は、確実に自分よりきれいな、自分が目指す滑りをしていたので
信じて、自分がどうしたら出来るか、自分にその動作のイメージをしみつけることに集中することにしました。

それを信じて、自分に何ができるか集中したら、自分で、以下の4ステップを考えました。
Step1.これからのターン内側の手で、遠く前方でストックを突く
Step2.今の(前の)ターンの外足の内側に入った膝を戻してエッジングを開放し、板を雪面に対してフラットにする。
Step3.ターン内側の板に内足で荷重して、ターン前半を作る
Step4.ターン外側の板に外足で荷重して、ターンを仕上げる

、でアドバイスしてくれた人も、このステップを納得してくれました。
今までは、ずっとStep4から4へという滑りでした。

Step別のポイント、詳細はスキーカテゴリに記しました。

それで!!

自分がうれしかったのは、

教わった新しいことを取り入れること集中したおかげで、これまでの滑りを忘れ始めたことです。
今までの滑りでも、ある程度気持ちよくターンできることもあり、よかったのですが、
いまは、その気持ちよさは得られなくても、まったく、違う滑り方をしようとし始めて、
たぶん、外から見ると“ものすごくへたくそ”になっているけど、
教わった動作を体がしようとし始めたのです。
実は、4ステップのイメージを作るのにリフトを降りて滑る前に最初は10分ぐらい使いました。
それからだんだん短くなりましたが、
一日中、ボーゲンとパラレルの間のようなバタバタしたフォームですが、この練習ばっかりをした
成果です。

自分は“ちょっと変れた”かも、これからも“変われる”かも、
と感じ、すごくうれしい思いをしました。

すぐにより良く見えるものばかり求めるのではなく、自分に必要なことを目標にすれば、
外からの評価によるものではなく、自分自身の充実感が得られるものだなあ、と
感じさせられています。

こんな成功をこれからも増やしたいと思います。

ご訪問ありがとうございます。最後まで読んでいただきありがとうございました。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!




テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

忘れるのが怖い、その考えが余計に覚えるのを難しくしている。

忘れるのは怖い。
今から覚えられるだろうか?
覚えてても身につくか?
すぐ忘れて島はないか?
自分が老化、衰えていはいないか?
・・この間思いついたことなんだったっけ?
・・やっぱり忘れてしまった。。
・・これは、年齢のせいか?
・・もともとの能力の問題か?

何かを学ぼうとしたときにこんな考えが私の頭をめぐります。
人より出遅れているから何とか取り戻さなくては。。
他の人よりも劣っているから改善、克服しなくては。。
そんな考えに動機づけられていると感じています。

しかし、忘れるというのは、頭が絶えず新しい情報と入れ替えているためだ。
忘れるというよりも、覚えたことの重要性が少ないからよく覚えられていないんだ。
覚えるときに、必要性、目的意識を明確にしていないんだ。
忘れること自体は問題じゃなくて、それとの付き合い方に改善余地があるんだ。
と考えるように努めるように頑張っています。

外山滋比古さんの‘思考の整理学’には、“忘れることも必要”
という記載もあります。

なによりも、これは、覚えられるか?という考えが、記憶や、その後の利用に
余計な壁を作り、余計にエネルギーを使っていて、できることを難しくしているのではないかと
最近考えています。

目的意識に集中して、頭をまっさらにして取り組めば、意外と自然に覚えていたりする
ことも考えてみればありますよね。

自分のマイナスな習慣に気付いたら、ちょっと立ち止まり、不要な、無意味な不安を
まっさらにして、目的や必要性に集中してみようと思います。


ご訪問ありがとうございます。最後まで読んでいただきありがとうございました。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!




大丈夫、自分はできるようになる。

今できないことは問題じゃない、
失敗を恐れて何も手を出せなくなるのが問題。

自分はより善きを求めているから、課題が次から次へと生まれてくる。
困難にぶつかり苦しむ。
より善きを求めているから。。

より善きを求めているから、必ず前に進んでいる。
成功に近付いている。できるようになっている。

ご訪問ありがとうございます。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!

もうこんな時間! そんな受け止め方、考え方が問題?

今日(日曜日)は、
洗濯をする。
部屋の掃除をする。
婆さんのお見舞いに行く。
今週末締め切りの資料の内容を検討する。
が予定項目でした。

朝6時半ごろに起きて、ストレッチをして、
土が乾いているのに気づいた植木鉢に水をやり、
20分のジョギングをして、
ジューサーでリンゴとグレープフルーツのジュースを作って、、
そして、洗濯をして、掃除をして、、
取り込んだだけでほったらかしていた洗濯ものを畳んで、

時計を見たら10時過ぎ!!

もうこんな時間!!

あ””~、午後に婆さんの所行くこと考えたら、午前中に、、
なんて私は時間にルーズなの!

どうしよう、時間が足りない、もっと昨日からプレゼンのことは考えとかなきゃいけなかったか?
時間管理ができてない!
締め切りまでに間に合うのだろうか??
動悸がする、息切れを感じる。。 不安障害が顔をのぞいている。。
                 ・・手足が震えている

・・
と、このように自分で不安を募らせていることに気付きました。
そもそも、その10時になっていたというのがほんとにそんなに問題なのだろうか?
また、時間管理ができていないから10時まで何も気づかなかったのだろうか?
・・などなど、いろいろ、自分でほんとに意味のあるか分からないことを次から次へと
積み重ねていました。

その問題という捉え方に問題があると思いました。

10時まで無心に、集中して、やろうとしていたことが“できた”
ことに、達成、自分の成功ととらえてもいいのではないかと思いました。
そのほうが、自分の気持ちがらくになり、ほんとだかどうだかわからないことに苦しみ
次に手をつけることができなくなってしまっているよりもずっとましではないかと思いました。

こんなことって、自分はよくあるかもしれない、ということに気付きました。
自分が問題!大変!ととらえていること、それ自体が問題なのではなく、
そのとらえ方が問題なことで、自分が余計に苦しんでいる、あるいはすんなりできることを
余計に苦労していることがあるのではないかと思いました。

このことに、しばらく自分をよく観察してみようと思います。
今週末にはどれだけのリストができるか、楽しみにしようと思います。

もう月曜日の朝! この記事書きながらも時間に迫られているようで、胸が締め付けられている
明日一度目の提出だ! ・・ いや~、まだ何もやっていない・・ど~しよう・・
          
 ・・
 いやいや、昨日の午後から始めてきていたでしょう。
 そもそも、今日一度目としようとしていたのを明日にしていて良かったでしょ。
     時間をもらっていて良かった^^

 さあ。“問題”ではなくて、深呼吸して“新しい発見”ととらえて、次に行きましょう!
 自分がんば!

いつも to be continued

ブログでは、失敗、挫折、不安、などの克服方法などを結論的に述べられれば
多くの人の役に立つかな?

逆に、だれかの失敗や困難な経験からの克服体験、それに基づいた結論的解決法
なんていうのはないかな?

などとこれまで考えてきました。

しかし、それはどうも現実的ではないかなと考えるようになってきました。
そもそもそう考えることにより、むしろ悩み、苦しみ、日々の充実感を得られずにいる
のではないかと考えるようになりました。

失敗や、苦しみはみな次への挑戦の結果生じている。
どこまで行っても完璧なんて言えない、完璧なものなどそもそもないというか
完璧になったなんて、そう思えない。
これが、責任感があって、前向きに歩んでいて、頑張っている人の真理のようです。

・・ということは、
私は、より良くなる、そのために、今頑張っている。
だから、どんな経験をしていてもそれは、着実な一歩だ。より良くなっている。
と考えられるものではないかと思います。

そのため、
このブログでは、苦しみ、悩み、失敗に対する対処法については、
断定的、結論的なものではなく、改善の試み、そして、その結果や経過
を伝えていきたいと思います。
それがある意味現実的な解決法で、そのようなことを多くの人と共有できれば
皆で、つまりひとりぼっちでなく、支えあって、心を満たしながら、
充実した日々を過ごすことができるのではないかと考えています。

まず今回は、所信表明をさせていただきました。 2010年3月13日

ご訪問ありがとうございます。最後まで読んでいただきありがとうございました。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!

続きを読む

退職時に言われたこと、その理解 その1 X年間会社がどれだけあなたにつぎ込んできたのか、そういうこと考えたことはないのか!

私は2年前に会社を辞めて、もう一度大学で学ぶことにしました。
会社に意思を伝えた際に、上司から言われたこと、
そしてそれに対して答えたこと、その時考えたこと、
今考えることなどについて。書き留めます。

一度に全部ではなく、思い出しながら、一つ一つ記載します。


“X年間会社がどれだけあなたにつぎ込んできたのか、そういうこと考えたことはないのか!”
 →
  “わたしの勝手な行動で、会社にとっては非常に不都合なことだと思います”
 
 
“いったい何がしたいんだ!”

  (すでにもう説明したのですが)

その時思ったこと・
 結局会社のためにどれだけ使えるか、が自分に対する価値なんだ。
 部下のその人生のために、幸せのために、なんて考えてはくれないんだ。
 個人の尊重なんて全くない。社員は会社に尽くすものだと思っている。
 
後で思ったこと・
 上司の発言は、その個人の言葉として、というよりも、会社の管理職の立場という
 会社の人間としてのものなのだろう。
 その人が理解のある人かどうかというよりも、会社という組織が、中間管理職の人間を
 人間的ではなく、組織の駒にしてしまっているんだろう。
 今の管理職には、会社のために尽くすことで評価を受け、報酬を得てきていて、
 人の育て方、人づくりから始まる本当の組織造りなんて考えたり、または教わったり
 していないだろうから、そのようなことを求めても無理があるのだろう。


相手を理解しようという気になると、いろんな角度から相手をとらえようとして、
相手を許せるようになり、そしてなにより、自分の気持ちが穏やかになりました。


ご訪問ありがとうございます。最後まで読んでいただきありがとうございました。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!

テーマ : 仕事人
ジャンル : ライフ

糖尿か貧血か? だるさの克服 その1

この記事が私にとって初めてのブログです。
これから、いろんなカテゴリーの記事を掲載していきます。
まずは今日行った最も身近な行動から記載することにしました。 2010年3月13日

・・・

食後に異常に脱力感があったり、
以前は何でもなかったことに息切れしたり、
とっかかりがおっくうになったりするようになりました。

ネットでいろいろ調べると、糖尿の初期症状のような気もし、
貧血の症状のような気もします。

とくに、食後にのどが渇く、手先がかさかさする感覚や、トイレが近くなることが
食後高血糖の症状で、これは放置すると本格的な糖尿病になってしまうようなので
これを改善したいと考えました。

糖尿病の症状の場合、食事に糖制限をすることが効果があるようなので、
今日は、以下のメニューにしました。 (メニューのアイデアのもとについては下記)

 トマト(さいの目に切ったもの)
 バナナ(厚めにスライス)

 ドレッシング
  (アボカド、干し柿、ゆずの絞り汁、きゅうり、リンゴ酢をフードプロセッサでペーストにしたもの)

糖制限と言いつつ、甘い糖分を含む果物が含まれていますが、
これらは、砂糖などと比べて血糖値を急激に上げるものではないので、
それほど悪くないとされているようです。

結果、食後にやや、のどの渇き、脱力感はありました。
しかし、手先のかさかさはなく、むしろすべすべしていて、潤っているような気がします。
また、しばらく後に自転車で買い物に行っ来て、自宅に階段の上り下りをしたときに、
体が軽くなった感覚がありました。
今日はじめてすぐに効果が出るものではないと思うので、しばらく、このような食事を
続けようと考えています。
 
食事メニューやその後の行動による体験をこれから、皆さんに伝えていこうと思います。


私のメニューのアイデアは、次の本で学んだことを応用しています。

 フィット・フォー・ライフ
   健康なダイエットを考えている方には、お勧めします。
   また、体質の改善にも役に立つと思います。
   私はこの本で書かれていることを実践するようになってから、
   花粉症の症状が出なくなりました。
   アレルギー検査をすると、スギを始めいろんな花粉やハウスダストなどへの
   反応値は変わっていませんが、症状が出ない体質となりました。



 「糖質オフ」ごちそうごはん

   この本では、糖尿病を治すためには、“カロリー制限”より、“糖制限”
   が大事であると教えています。
   私は、すこし、こちらのほうが食生活を楽しみながら、治療できそうで
   とりかかりやすそうなので、取り入れてみることにしました。
   ちょっと、甘えた気もありますが、、
   ただ、こちらのほうは、フィット・フォー・ライフとはそぐわないところも多々ありますので
   これから私なりのメニューを考えて、試行し、皆さんに結果をお伝えしていきたいと思います。


ご訪問ありがとうございます。最後まで読んでいただきありがとうございました。
 ↓クリックしていただけると嬉しいです!

テーマ : 健康生活!
ジャンル : ライフ

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
退職。
博士課程で学び直し中。
毎日山あり谷あり。
苦しみ、困難、沢山あります。
しかし一つ一つ克服して
一歩でも、半歩でもよくなり、
充実感のある日々を過ごすことは、誰にでも手に入れられるものではないかと信じています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
/* 役に立つ本の購入 */
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。